株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  イベント情報&マリーナ日記  >  夜釣りを安全に楽しむための注意・確認事項

夜釣りを安全に楽しむための注意・確認事項

2020年07月22日

夜釣りを楽しむ季節がやってまいりました。

しかし残念ながらここ数年、夜釣りでの航行不能トラブル、事故がおこっています。

今一度、確認の方よろしくお願いいたします。

 

先週、バッテリー上がりの船がありました。

原因は、エンジンを切り魚探とデッキライトを付けたまま釣りをしていたことです。

十分に航行しているので、バッテリーが充電されていると思われがちですが、バッテリーにも寿命があり減るのが、はやくなります。

皆様も、再度確認してバッテリー上がりなく、安全に夜釣りを楽しんでください。

 

バッテリーは、3年ぐらいでの交換が目安です。

 

【自船の安全のために】 海の上では自分の命は自分で守る

□ 発航前、エンジンや燃料の確認

マリーナを出る前は必ず、船体とエンジン回り、燃料、潤滑油の量、バッテリーの状態を確認してください。

必ず,最新の気象情報を確認してください。

 

□ 航行時、常時見張りの徹底

航行時は、他の船舶の動向や浅瀬・定置網・筏など周囲の水域の状況を継続して把握する必要があることから、常時見張りを徹底してください。

注)筏などは、場所を移動させている場合があるので特に気を付けてください。

注)大雨、台風の後などは、流木やロープなどが漂流している恐れがあるので海の状態が落ち着くまで夜釣りは危険です。

 

□ 救命胴衣の常時着用

夜、ライフジャケット着用なしに海に落ちたら、命は・・・

 

□航海灯を必ず点灯する

錨泊中 白灯のみ   走行中 白灯 舷灯(緑・赤)

 

□ 回転灯やフラッシュライトの設置

他船(特に漁船)から、自船が確認しやすいように。

※漁船から、プレジャーボートを目視で確認するのは非常に見えにくいと言われてます。

漁船は自動操舵している場合もよくあるので、プレジャーボートの発見が遅れる可能性があります。

安全に楽しく夜釣りを楽しんでいただくための注意・確認事項です。

よろしくお願いいたします。

最近の記事
facebookページ