株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  かあちゃんのひとりごと
かあちゃんのひとりごと

コーヒーメーカが割れた

2020年03月28日

コーヒーを入れようと水を汲んだら 水盛りで驚いた

受ける硝子の入れ物の横に2センチ大の丸い穴があいていた。何でか分からない、

ケーズデンキへ行ってみたら 数々展示がして有り 中の下程度くらいのメーカーでいいかと

思いスマホに写してレジの方へ持って行き 見せました。 しかしこの商品は展示品しか

なかったので それを下さいと言ったところ「在庫が無い これはお売りすることが

出来ないのです 注文をお聞きしますが・・」 注文すれば又1週間ほど そのことを

気にしていなければならないので 「いいです 頃合いを見て又来ます」といい

帰って来ました。 別の店の百満ボルトまで今日は行く気が起こりませんでした。

元もと安物のコーヒーメーカだったから変な割れ方をしても惜しいと思いませんでした。

飲まなおれん 事もナシ 気が向いた日に 見に行って来よう~

 

 

 

 

電気器具

2020年03月28日

あるブログに電気器具を買い 配達してきた人のジャンパーの背にコロナファンヒーターとなっ

ていて なんか今の時期笑えたと出ていました、

株式会社コロナという会社ありますね 新潟県の暖房器具の会社で風評被害があるという

株価の暴落が止まらない・・・でも少し持ち直しが始まったようだと。

社名がそのものズバリなのでCMも出来ない

こんだけ毎日24時間・・コロナコロナですから その会社も災難ですね

 

 

ダチョウの卵から抗体

2020年03月27日

100年先に残しておきたいなんとか・・・というテレビ番組を観ていた

長嶋一茂 石原良純 高嶋ちさ子三人組の番組でした

面白くてずっとテレビの前から離れられません 京都府立大学の塚本康浩教授、四月から

学長になる人の事。 ダチョウの卵からウイルス感染を防ぐ抗体を取り出せる

抗体は黄身の中に詰まっているという。それを使いマスクをつくるそうです

四月から販売だと云うことで 数も多かったように思う

やはり凄い人は研究をして 為になることを考えてくれるのです。

少し気持ちが和らぎました。

ついてない男

2020年03月26日

長男が流し元で一生懸命なにかをしている ウチは ちょっとニオイに違和感を感じていた

それは小さなホタルイカを食べるために 骨を抜いてそうじをしているのである

「それ、なんかあ臭いようなで・・」とウチは言った

「うん、さっき一つ食べてみたけどどうもなかった」

「いや~ニオイが鼻に付くわ 京子婆ちゃんは何かというと酢を飲んどきなと よく言うてた

酢に漬けたらいいで」

「酢味噌をかけたし どうもないやろ」

「いやいや酢の方がええ」

長男は 出来たホタルイカを自分の部屋へ持って行った。あの子の腹は毒でも食えるんか

と思った

あれっと思う間もなく「やっぱー止めとくわ 変な」と言いホタルイカを捨てていた

あぁ そりゃ良かった 時間かけてしたけど 腹痛おこしては・・と気になっていた。

買って来たら早めに食べないとぉーー

そのあと別棟の自分キッチンで パスタを作ってきた。大きいイチゴを二つのせて

さて・・自分の部屋へ行こうと戸を開けたとたんに パスタの皿ごと

手から床へバッシャ~ンと落ちて 床はパスタと湯気が、ありぁまあーー

仕方ない床掃除の役を貰い 何度も拭いて拭いて 床は元より綺麗になった。

今度はまた 流しで何かを切っている しばらくしたらバキンと大きな音

何やと思ったら 包丁の柄が折れて 包丁と柄が二つに折れた

薄い野菜きりの包丁だったけど 力の入れ過ぎです

後は もう笑うよりなかった三度目のジョロメですツイていない日の男であった。

 

 

小さな旅

2020年03月23日

小さな旅という番組を観たことありますか このテーマ曲 大野雄二さんの曲ですが

この曲については 心地良い、哀愁たっぷり、日本の四季風情を感じる、泣けてくる

などなどの投稿があるようです。

ほんとうにそうなんです 地域によって放送日は違うようです ここらは土曜日の朝

5時15分からです 日曜日の所もあるようです ラジオの昼の憩いのテーマ曲も

何とも素晴らしいけど 小さな旅のテーマ曲も とても懐かしい何かを思う曲なのです

こう思うのは長年生きて来た者でなければ 感じることは無いと思う

そらそうです 昭和を知らない人は 何も懐かしいと思うまでには まだ日が浅いのです

CMも入らず 静かな語りで朝にふさわしい番組です

観たことない人は 一度観て欲しいですね 程よい歳の頃の方達に・・・

 

 

 

 

強制力のない要請

2020年03月23日

ニュース、報道番組は気が重くなってくるので きのういちにちはテレビを観ませんでした

朝には自分がつけなくて テレビはガンガンとなっています。

花見 イベントの自粛要請などはおかまいなしで 大勢の人達がひしめいている

大阪のライブ会場では100人以上が狭い中で 狂ったように踊りながら騒いでいる様子。

こんな会場は幾つあるのか知らないが 何百人もが連休でウサ晴らししているのだろう

何千人何万人かも知れない・・田舎モンには想像つかない

先日 福井市の男性1人から濃厚接触者32人 たった1人からで32人です。

1ライブ会場で100人ならそこから外へ出て接触者を考えるとその数の多さ。

野球、相撲を無観客で行っていても 危機感のない人たちが大勢いるってこと。

ですよね

 

 

初めて買う時は・・

2020年03月22日

いったい何の味なのか 何んの味も無い・・・ので玉ねぎと青ねぎを混ぜてカツ鍋ふうに

煮た そして溶き卵を入れたら 見た目はチャンとしたカツ鍋であります。

そのぉ~分厚いカツが全然と言っていいほどに味というモノがないのです

やわらか~いカツ、と表示してあり 凄いたくさんのカツが並んでいたので

ひとパックかごに入れてしまった。

去年の夏に白鬚会10人ほどで やまと庵で食べたカツ鍋は美味しかった

カツも同じではないのだなあ 初めての お惣菜を買う時には少しだけにするべきです。

確かめてみることです 後悔したけど しょうがない

これはこの店 あれはあの店というように何もかも同じ店で買ってはいけないと思う

何を思ってあの揚げたトンカツを買ってしまったのか

この店でおいしいのは塩辛です。 うどん、焼き豆腐、寿司は 別の店で買っている。

長年 おかずを作っているけど このカツで遅まきながら勉強になりました。

しかし あれだけの量のトンカツはその日のうちに売れてしまうのですから

凄いです。 邪魔くさくても好みの品は店を分けて買い求めて行こうーーと思った

 

 

 

白鬚神社へ~

2020年03月20日

春の祈願祭は毎年 拝殿内で皆が集まり 神主さんの御祓いがあり揃って拍手を打ちます

・・・が今年のこんな時期です 拝殿には集まることは無くて めいめいでお参りをして

帰ります

宮総代の人が「おおきに参ってもろて」と声をかけてくれました。

八幡神社の宮司さんが 甲ヶ崎地区の人たちの幸せを祈願してくれます。

ほっかいどう湿原地

2020年03月19日

北海道の花

2020年03月19日

ある日 テレビで北海道のことを放送していた広大な湿原や数々の花、鳥など

その中の一枚で紫色の花です。画像を載せる練習のために いちまい。。

一面に雑草

2020年03月19日

湿気があり暖かくなって来て家の周りは一気に緑の草、草です

これからは草との闘いが始まります

向かいの金治さんが元気な頃 常に草を取ってい

て 家の周りから畑から そこらはいつも

綺麗でほんとに 羨ましかったなぁ

ウチは畑もないので家の周りだけで済むのに

草がギョウサン生えてくると 金治さんのことを

思い出します。

練習ちゅう~・・・・

2020年03月19日

教えてもらっても なかなかサッサッとは出来ません

さっきから 何回か写真を(画像)を投稿するべしで 書いて貰った順番に1クリックや

2クリック 右クリックなど ひとつずつやっていき さてーっと思ったら画像が消えてしまう

たまたま前回のように思わん干し物の画像がしっかりと出てしまったり

こんな時は一旦、休もう 休もう こうして文章は打てるのだから それだけで充分です。

 

 

 

重たいよ~

2020年03月18日

お茶を飲みましょう

2020年03月18日

医療従事者の人(医師)はひとり診察した後 お茶をひと口飲んで喉の粘膜に付着している菌を

胃まで流して胃酸で菌を殺す・・そうです

すべての医師がそうしているとは思いませんが 以前からそれは聞いていました。

うがいよりも飲み込んで胃まで流した方が良いと云うことです

いうたら うがいよりも簡単です 皆さんそうしましよう

私も前から買い物へ行くとき 緑茶を一本持って行きます。店へ入る前と出てから

車に乗って一口飲みます。

胃薬は飲まない方が良いそうです 胃酸を抑えウイルスへの防御機能を

薄めてしまうことになるといいます

ひとりでも多くの人が身体を守るために良いと云うことは勧めます。

難しいことは お国の偉いさんたちが考えています なるようにしかなりませんから。

我々はこんなことで元気でおれるように頑張りましょう

美味しいモノも食べましょう 笑う事も大事です。

 

 

楽しい事も行くとこもネェ

2020年03月17日

近所の人 四人から今度20日のお寺参りについて電話があり「どうするん?」という

ウチは行かへんワザワザお寺から参り方の説明書が来て三々五々の参り方をするように

・・・とまで言われながら 行くつもりはない 行こうと思う人は行けば良いし

年に7~8回のお参りもしていることだし 今回はそこまで言われるなら 行かない

アンタは信仰心があるから参っておいで、ウチはそんなに信仰心は無いし・・と何人かに

そう言いました。

同じ日の神社参りは外でもあるしお供え金は神社のモノになるし それは行くつもりです。

ニュースや報道番組を見れば 新型コロナ 新型コロナであるので

ただのバラェテ―番組の方がマシかと思い観ていると それも

おバカタレントのおバカぶりが 腹が立つ ワザとなのか ほんまのおバカなのか

笑えない。 元なでしこ、選手だったらしいが横綱も嫌だがMも同じ。

テレビに誰が出ようと 嫌なら観なければいい 局がその人を使うのだから・・

こんなこと思うのは

毎度 新型コロナ報道で自分の気持ちが すさんでいるのかも知れないです

あ~~嫌だ いやだ~

大相撲春場所

2020年03月17日

無観客での大相撲春場所ですが これも仕方のない事です

横綱の白鵬がでていると またかーーと余り面白く感じませんが六時前まで観ていて

白鵬が出て来る頃にチャンネルを変えるかテレビ自体を切ってしまいます

サポータを手なり足なりどこかに付けている関取がほとんどです

白鵬は必ず同じ場所の肘あたりに特注のサポータをつけている あれは擦れると

ヤスリのように痛いと ある関取りが言っていたそうです

横綱はまず相手の頬に張り手 あれは観ていても嫌な感じやわ

横綱とも なれば相手がかかって来るのを受けて立つくらいでないと値打ちが~。

先場所は誰が優勝するのか楽しみで面白かった

今場所はぜんぜ~ん だけど隣の部屋から 白鵬破れました・・と聞こえて来たとき

急いでテレビを点けた 土俵の下へ落ちて行ったぁ 審判委員の人かしらんが

その人の上に白鵬が落ちて来たのでひっくり返っていた。

なんだか スカーッとした。

 

桃の花

2020年03月15日

先日同じ呼び名のみちこさんから、道子さんから家に咲いている桃の花を頂きました

大きな花瓶を探して玄関に飾りました。

春なのに 春なのに なんでこの世は春とは思えぬ悲しい事が続くのか いっ時でも

花を見て落ちつこう。。。か

夜明けはまだのよう

2020年03月14日

午前五時では外は暗い まだ三月であるからね

太陽の光を見なくても毎日の事だから体内時計は朝であると認識しています。

まずは味噌汁がいるので 残りの野菜のエノキにシメジそして豆腐は常にあります

けっこう沢山いるので多めに作り 後はあるもので玉子や漬け物 佃煮 雑魚

頂き物の大根はおろしてもいい それは食べたい人がおろし金でかけば良いのです

朝の時間も少しずづ経っていき 誰かが起きて来る足音がするまで

熱めの緑茶をいれて ゆっくりと飲み・・・きょういちにち 大勢の人がこころ穏やかに

過ごせますようにと祈らずにはおれません。

3/12 空気の入れかえ

2020年03月12日

体内時計を整えるため朝起きたら まず外の光を浴びて朝だということを感じるよう

に、それから朝の行動に移す とテレビの中で専門家が話していました。

ここら辺の人たちは それは無理 朝起きてまず外の光を浴びるなんて出来ない

外は真っ暗・・です 光を見るまで待っていたら家の朝ご飯に間に合わないです。

朝ゆっくり起きる人が基準での話であり一応 朝の光を浴びるのが良いと云うことは

よ~く分かりました。誰が基準か、何が基準か それは自分で考えて・・・と。

今日は☀天気が良いのでそこら中の戸を開けて空気の入れ替えしました。

なるべくテレビを観ないようにしよう いい話はないので。

 

 

 

3/11 聞こえてくるのはコロナ

2020年03月11日

テレビをつければ いつでも新型コロナ…この言葉を何度聞いたかしらん(耳にタコ)

友達の電話も「一人で居るので もお~ホンマに憂鬱になるノイローゼになりそうヤ」という

昔は新しいことが出来ると新型や新式やと喜んだモノですが こんな新型はなんたることや~

ウチのジイサンは何処へも行かないので安心です 昔みたいにウロウロ何処かへ行くと

何を貰ろてくるか分からへん

私も買い物以外は出たくない ここら辺は人も少ないので何メートル離れてはないけど

毎年の彼岸のお寺参りもありません お寺さんはもし参る時には三三 五五と お墓と

お位牌に・・ということです お墓には今日花を(へんだら)立ててきました。

誰も居ませんでした 二十日 本堂へは行きません。

たまには海の方へぶらりと行ったりしますが 田舎なので人は少ないです。

 

かあちゃんのプロフィール

2020年03月11日

『かあちゃんの息子の嫁(成美:しげみ)が、紹介するかあちゃんのプロフィールで~す』

ではまず、かあちゃん年齢は、同じ年が俳優の高橋秀樹、タレントのみんもんたです。

もともと左官業をしていた父ちゃんのところに嫁いで、現在の社長である(次男:也寸志)が生まれるころにマリーナを父ちゃんと一緒に始めました。

我が道をガンガン突き進む父ちゃんに食らいつきながら(笑)、ともにマリーナの土台を築き上げたかあちゃんです(*^_^*)

 

この父ちゃんなくして、今の小浜マリーナはないと思いますが

このかあちゃんなくしても、現在の小浜マリーナはないと断言できます(*’▽’)

 

当時のほとんどのお客さんから、「かあちゃん」「おかあちゃん」と呼ばれてて

私の実家の父母、姉弟、甥っ子、姪っ子、みんなかあちゃんのことは「かあちゃん」と呼びます(*^。^*)

おもしろいですよね(笑)

なので、このブログのタイトルは

『かあちゃんのひとりごと』なのです(・´з`・)

 

かあちゃんのひとりごとでは、かあちゃんの日々の何気ないことなどをブログにつづってます。

ちょい前までは、まだ父ちゃんの発言力はありましたが(笑)

今はすっかり政権交代で(笑)

そんな、かあちゃんと父ちゃんの日常の葛藤なども時々ブログでつづってますよ~(*^。^*)

かあちゃんのプロフィールでした(^_-)-☆

ブログを打てる事にはなったけど・・・

2020年03月08日

今迄とはパソコンのやり方・・と云うか画面が全然変わってしまい

これはホンマに大変だわ

そうとう頭の中の脳みそが揺れそうであります。

1何々、2何々 3---というふうに12番まで書いて貰い

マリーナの也寸志から説明を受けながら何がなにやら分かるような

分からんようなことであるが しばらくは写真を入れるのは無理で

あるから しばらく落ち着いてからということで 今は

文だけ練習です。練習あるのみです

それで慣れて来たら写真をいれる練習をするつもりです。

処分の布団がまだある・・・

2017年7月11日

2017711ふとん.jpg
2017711ふとん2.jpg
処分する布団です。

まだ、同じくらいあります。 近所の人が通りかかって

「まぁ~これ、捨てるん、勿体ないなあ、~欲しい人居るやろけど、

勿体ないなあ・・・・」 (よその布団を欲しい人はいないよ)

何度も言いながら見ておりました。 ウチへは泊に来る子供達もいないし

何組かは家の押し入れにもあるし、 置くところもないし

置く場所を作るほうが費用がかかる、 一人が何枚も着るわけには

いきません。 

わたしは布団を買った事はありませんし 昔からあった布団です。

使う分以上には沢山は要らないのです。

今ある分を 大事に使います。 

内外海小学校の遠泳大会

2017年7月11日

2017えんえい1.jpg

遠泳大会は見学に行ったことが無かった。 同じ五年生のいる,ばあちゃんが

「応援に行ってやらへんの?””皆頑張って泳ぐのに」 と電話があり

行かないと罪悪感が残りそうなので 初めて応援に行くことになりました。

出発は犬熊海岸からです。

五年生は500メートル  六年生になると800メートル

小学校の遠泳大会 初めに 校長先生の励ましのあいさつ

後ろの上が気になります(^_-)-☆ 光っております☆<<


こちらは児童と一緒に海へ…守り隊の方々
2017えんえい2.jpg
 選手宣誓

2017えんえい3.jpg
円陣を組んで 「なんとかなんとか,泳ぎきるぞ!!おーーっ」

五年生から泳ぎ始めます。
2017えんえい4.jpg

泳ぎ始めた児童たちに 「がんばって~~」と

思わず水際まで・・・・

2017えんえい5.jpg

だんだんと遠くになり 小さく見えます
2017えんえい6.jpg
ここ。。。阿納海岸がゴールです。

遠くから・・えんやこ~ら、、、と聞こえてきました
2017えんえい7.jpg
「えんやこ~ら、、、」と発しながら 全員完泳です。

どこに、どれが 五年生の上中保奈実か分からずに終わりました。

暑かった~~とにかく☀

2017えんえい8.jpg


片付きました。7月6日 晴れ

2017年7月 6日

201776した1.jpg
外から見るとこの建物

中にはこんなに沢山

201771した2.jpg

201776した7.jpg


201776した8.jpg

201776した6.jpg

もう、すかすかです。あの子も、この子も五人で一気にやってくれました。

、不用品は次々と処分場へ、、あとは二階の畳だけ。 一段落です。

ほんとうに、みんな速い動きで、驚くばかりです。もういつでも解体できます。

業者さんの予定は 24日以降です。
201776した9.jpg
201776した11.jpg

お名前を・・・だけです

2017年7月 5日

旦那おっさんがまだ三十代の時に加入した保険を一度書き換えて

もう何年も前に支払いも済んで終身保険になっていますが

個人情報の問題で

本人以外にも話ができるように

家族の登録をしてほしいと・・・・家族に加入者の話をしても良いように

本人の署名が欲しいと、 きのう保険会社の営業の人が二人来られましたが

とにかく自分の名前も、字というモノを書くのが嫌いなので改めて今日きてもらう

ことになりました。

旦那おっさんにその旨を知らせなければなりません。

。。。。。「昔、入った三井生命の・・・・が

・・・・○×△○なにがし・・・・こうこうしかじか・・」

「あ、、ん よしいそうめん~?」(顔、真剣)

(~_~;)\(◎o◎)/!

どういうように聞こえるのか? ウチの滑舌が悪いんか、、

三井生命がなんで 吉井そうめんなんや・・・・えっー

(クックックク。。ウㇷ゚ーっ(怒るとアカん) もう一度 ゆっくり説明したら

 「お~っ」 と言って顔を洗いに下りて来た。 あーー疲れるわ

名前書くだけに~、自分の名まえやで、なんも~

水汲みに

2017年7月 5日

大雨で雲城水を汲みに行きぞこなったので、今朝四時半に自宅出発で

一番町へ向かった。

往復一台も車には出会うことなかったし、信号も往復、点滅ですいすいー。

外でタバコを吸っている人と、歩いている人を見かけたぐらいで

この早い時間と思っても同じような考えの人が・・・水を・・・

その人は 汲みおわったとこで、私と入れ変わりでした。

顔は覚えていないけれど、お互いに「おはようございます」と挨拶。

置いてあるペットボトルが空いてくると 落ち着きません。

昼間は沢山の車と人ですが 早朝は気持ちがイイ。

雨上がりで空気もすがすがしい。

けれど昼間になって温度が上がってくると、、また、、けだるくなるのかな

・・・頑張って少しでも二階の片づけをしなくてはと思っております。

古い物

2017年7月 5日

201775ご1.jpg

離れの二階に置いてあった古ぼけた箱、

中身はこれ

201775ご2.jpg

201775ご3.jpg

そのお連れの台、木の蓋がしてあるが、側の部分ははずれている

クギは細い木制のクギです。今話題の将棋番?将棋盤?ではありません。

これって碁盤と云うのか?

旦那おっさんは 「わしは碁はしたことないけど、おじいさんが(昇三)したんかな」

している姿は見ていないようです。二階から持って下りるのは重かった。

これも、とりあえず座敷の床の間の前に置いておきました。

。。。置くところないもん。 ええ木で出来ている番か、盤、らしい

どないええ木なんか?
201775ばん1.jpg
201775ばん2.jpg
201775ばん3.jpg

201775ばん4.jpg


少しでも

2017年7月 1日

201771たから1.jpg

少しでもと思い離れの二階へ上がった。

まず、六畳間の押し入れを開けて布団などを畳に出した。

五組の布団に 薄手の毛布が何枚もある、隣の十畳間の押し入れにも

あるけれど そこは後回しとして

以前源さんに作って貰った宝船の置物を 本屋の座敷へ・・・

十七・八段の外階段を ガラスのケースをしっかりと持って💦💦

下へ降りた時には どっ~と疲れが わいた。

硝子の埃を拭いて夏になると出番の・・(すず風)・・のおねえさんの横へ置く。

だけど、けど、 あるもんです、あれだけ 今まで 処分していたのに

ロクでもないモノも未だあるのです。

簡単に引っ越しや移動やと、云うけど たいへんやわ、 

ウチはまだマシ、マシやと自分を励ましてはいるけど

体力が持たん はぁーーーふぅーー(´◉◞౪◟◉)  

201771たから2.jpg

離れを解体することになった。

2017年6月30日

「解体の方向にします・・よろしくお願いします。」・・・と📞

業者さんに連絡して又、一区切りつきました。

来週になってから、あれこれの段取り、の話を、気を引き締めてかからねば。

畳も二部屋分の十六枚はある、 和箪笥がひとさお、中はすでに空っぽ状態

プラスチックのケースがかなりある。それも中は空っぽ。

こうなると何年か前に整理処分しておいて良かったと思った。

二階部分のモノはそれほどでもありませんが

一階の調理場には 大部ある。

かなりある・・・う~ん  なんとかしてくれるでしよ あの子たちこの子たち

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ある知人で 六十何年前の着物があるけど・・・という事は一枚や二枚ではない

たぁ~んとあるのです。あれはなあ・・・

あれは何とかの記念、 あれは一回も着ていない。。。など々

たくさんの理由があるようです。

整理整頓するつもりがないのです。 おっくうなのです。

そういう人には 「ずっと大事に持っていたらいいやん・・・いついつまでも」と

言っておきます。

そうすると、安心した心地になるようです。

思い切ることが出来ない人には一生懸命言うのが疲れます。(~_~;)

そう~~人それぞれ 無理なことはせぇーでもエエ、、、と思うようにしています。

楽しくやれるようになってからしたらエエ、 しかし元気なうちにだぞ

身体が動く間に・・・それも計算に入れておくべきを・・・・忘れないで

解体の見積もりがきた

2017年6月28日

待ちに待っていた 離れの解体と修繕の二通りの見積もりが

届きました。

思っていた見積額、、覚悟していた額の三分の一でありました。

修繕見積は屋根の部分だけである

修繕も解体も金額は殆んど差がありません。

ほんとうにこれで間違いないのかと思ったくらいです。

消費税も込みで 書いてありました。

ただ、、解体には電気、ガス、水道の工事は入っておりません。

九割決心がついたところ もう一度


鉄骨の下の土台や壁、、天井など、素人なりの目でみてまわりました。

だんだんと朽ちて行く様子がわかります。

屋根も下も直すくらいなら やはり 解体が正解であると確信しました。

解体するには 中の道具やモノ、モノ・・・大勢に手伝ってもらわなくては

できません。

おかげで皆が近所にいてくれるので助かります。

作業以外に 色々、種々、様々なことに相談に乗ってくれる皆(^◇^)

おおきにーーー😢感謝です

旦那おっさんの意見も聞いてあります

「・・・ほうやのう~古いもんは なくしたほオがええ、、

なげぇ・・こと、使うこうたさけ~もうええやろ・・・」てなことで

・・・ということですが、移動など 最終の段取りを決めるのに

近々みんなで、話し合ってくれる事になりました。

居ない人に来る封書

2017年6月28日

2017628こうじゃく.jpg
定期的に来ているのか は忘れていますが、こちらとしては

忘れた頃に あ~又この封書が来ている・・・と

いうくらいでいつも放っておいています、

もう、、六十年前に 八十何歳かで亡くなっている 旦那おっさんの祖父にあたる

昇三さん宛に来る封書です。

滋賀県にある江若交通からの 株についての事らしいが

昔は江若鉄道、、、と云ったらしい

京子ばあちゃんが生きている時に確かこう言っていた

「おじいさん(昇三)は株券を 街のおばさん(娘)に、あげたんやで」、、と

京子さんからしたら 街のおばさんは小姑にあたります。

その街のおばさんも カイロが原因で家が焼けてしまったから

株券も燃えたはずです。

火事かて 昭和五十年のことだから 四十年以上は過ぎている

街のおばさんも 旅立ってからどれ程になるのか。。。。

あの世に住所がないかぎり どれだけか経つと又こうして封書がくるのでしよ

街のおばさんの子たちはどうなんだろう

子達も もう高齢であると思う、、八十は過ぎているかも。

今度会ったらこの封書を渡せばイイのかもしれない。

ウチには要らないモノですから。。。


最近の記事
facebookページ